ウッドデッキのすすめ

ウッドデッキは家の中と外をつなぐ役割をしてくれるスグレモノ。お庭をたのしむ暮らしをするためにはぜひぜひ取り入れていただきたいアイテムです。リビングから同じ高さでまっすぐのびるウッドデッキは、室内をより広く感じさせ、外の世界とのつながりを生み出してくれます。晴れた日には窓を開けて1歩家の外へ。わざわざ靴をはかなくても、ちょっとの動きで自然にふれることができます。腰かけて外を眺めたり、空を眺めたり。モーニングコーヒーを飲んだり、休日のブランチを食べたり、仕事終わりの晩酌をしたり。家の外の暮らし方が手に入ることで暮らしの楽しみがぐんと広がります。一人の時間、家族の時間。暮らしを愉しむしかけがたくさん手に入ります。土地がせまいからといって手に入らないものではありません。1mくらい出れば十分でしょうか。ちょっとしたスペースでも、家の中だけで生活が終わるのか外に広がるかで心の豊かさがうんとちがってきます。昔の日本家屋にあったような縁側みたいな存在。お子さんも外に出るのが楽しくなって、自然にふれて五感を育む暮らしが実現できることでしょう。

未分類
お庭の無い家は…

新築一戸建てを建てたらお庭をつくりたいですよね♪たまに町を歩いていると見かける新築工事中の一戸建て。 …